姉妹サイト
ノンジャンル音楽WEBマガジン Cheer Up!


提携サイト
吹奏楽・管打楽器の情報サイトWind Band Press



■更新情報

溝根伸吾(仙台フィルハーモニー管弦楽団ホルン奏者)インタビューを公開しました。(2018/07/18)
戸田博美(仙台フィルハーモニー管弦楽団トランペット奏者)インタビューを公開しました。(2018/07/12)
吹部Cheer!トーク 〜吹奏楽Q&A〜クラリネットの音色について質問&回答を公開しました。(2018/07/01)



吹部フレンドの皆さんにぜひご参加頂きたい企画スタート!吹奏楽部で過ごしていてふと思った疑問や悩み、みんな聞いて!って思うことなど、どんどん募集しています。
第二回 クラリネットの音色について
第一回 新一年生からのメール



■特集:私の吹部時代
第一線で活躍されている演奏家の皆さんが、自身の吹奏楽部時代についてご披露下さいました。大好きだった吹奏楽曲、きつかった練習方法、そして現役吹部フレンドへのメッセージまで盛りだくさん。落ち込んだとき、煮詰まったとき、ぜひ読んでみて頂きたいです。



■Hello!吹部フレンズ
宮城県内の学校の吹奏楽部を訪問して活動を応援させて頂く企画です。


記念すべき第一回目は、仙台第一高等学校吹奏楽部にお邪魔しました!先生も生徒もお互いの意見を尊重し合う姿勢がとても印象的で素敵な吹部です!ぜひじっくりお読み頂きたいです。(2017年8月公開)


■指揮者 畠山渉の"Next Up!"
当サイトのコーディネーター畠山渉が、指揮者としての日常や音楽について綴るブログです。


■cafe de cheer(編集長ブログ)
当サイト編集長によるブログ。編集後記や、姉妹サイトCheer Up!の話題などをお届けします。



■佐野碧インタビュー


表現力の幅広さが魅力の、仙台出身シンガーソングライター佐野碧さん。佐野さんは、2015年4月に発生したネパール大地震の支援活動「HIKARI SONG GIFTプロジェクト」を継続して行っています。2017年4月22日に、第二回のチャリティ音楽フェスティバルを終えて帰国したばかりの佐野さんにこのチャリティーフェスについて、またご自身の音楽活動についてお聞かせ頂きました。関連記事UP(7/18)佐野碧さん2ndアルバム「NAMIDA」リリースに向けクラウドファンディングに挑戦



■熊谷駿 インタビュー


仙台在住のジャズサックスプレイヤー熊谷駿さん。アメリカ ボストンのバークリー音楽大学を卒業して帰国されたばかり。帰国するやいなや音楽事務所MusicOffice Bop Windを立ち上げ、生徒さんにサックスを指導なさっています。2017年9月にはニューイングランド音楽院修士課程への留学が決まっており、再び渡米するという熊谷さんに、再び渡米するにあたっての決意、ビバップへの熱い想い、そしてこれまでの音楽キャリアなどお会いして詳しく伺いました。


■畠山渉インタビュー


当サイトのコーディネーター、仙台を拠点に活動している指揮者 畠山渉のインタビューです。
フットワーク軽く様々な学校や楽団の指導を行い、海外のマスタークラスに参加、日々実力を磨いている新進気鋭の指揮者としての日々や生い立ちについて詳細に語ってもらいました。この機会に指揮者とはどういう仕事なのかぜひお読み頂きたいです。


■溝根伸吾(仙台フィルハーモニー管弦楽団ホルン奏者)インタビュー


新企画「オーケストラの響き」、第二回では仙台フィルハーモニー管弦楽団ホルン奏者 溝根伸吾さんにご登場頂きました。
溝根さんは2013年に仙台フィルハーモニー管弦楽団に入団。若手メンバーとしてオケを盛り上げることにも一役買っています。Twitterでいつも楽しげに仙台フィルの情報を発信なさっている溝根さんってどんな方なんだろう?とずっと気になっており、今回はオーケストラや教えるお仕事のことはもちろん、音楽人生、読書・ピラティスなど趣味のお話、おすすめのクラシック曲までたっぷりとお伺いしました。溝根さんの魅力をぜひ知って頂きたいと思います。


■戸田博美(仙台フィルハーモニー管弦楽団トランペット奏者) インタビュー


この度「オーケストラの響き」と題して、オーケストラの団員にご登場頂きオーケストラでの生活や音楽人生についてじっくりお伺いするインタビュー企画が始まりました。
まずは地元、仙台フィルハーモニー管弦楽団のトランペット奏者、戸田博美さんが最初のお客様。戸田さんには、ふだんオーケストラの団員の方はどのような生活をしているの?という素朴な疑問にお答え頂いたり、学生時代の吹奏楽部のお話について、また不思議な縁に導かれての音楽人生についてたっぷりとお伺いしました。



■堀越彰 インタビュー


クラシックピアノとドラムによる最小にして最大のオーケストラOBSESSIONの初のアルバムが大きな話題を呼んでいます。 OBSESSIONとは、ピアニストの三舩優子さんとドラマーの堀越彰さんのデュオ。異なるフィールドで活躍しているお二人がタッグを組んで奏でるクラシックの名曲は実に新鮮!なぜこのOBSESSIONというデュオが誕生したのか?今回の初アルバムリリースに至る経緯、そして堀越さんの音楽への想いなどたっぷりと伺いました。


■會田瑞樹インタビュー 〜ヴィブラフォンのあるところ〜


打楽器奏者として活躍著しい仙台出身の會田瑞樹さん。6月にセカンドアルバム『ヴィブラフォンのあるところ』をリリース、作曲家の薮田翔一氏、湯浅譲二氏などによるヴィブラフォンのための作品はヴィブラフォンという楽器の魅力や可能性に驚かされる曲ばかりで聴きどころ満載です。そんな會田さんに直接インタビュー、指揮者 畠山渉氏との対談もあり実に濃い内容のロングインタビューとなりました。動画も掲載させて頂いたので、ぜひ會田さんの演奏の魅力を知って頂ければと思います。






(C)2009-2017 Cheer Up! Project All rights reserved.