>




音楽好きな方だけでなく、こんなご時世だからこそ一人でも多くの方に観ていただきたいとおすすめできる映画をご紹介します。



映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』

<作品概要>
“世界で最も解決が難しい”とされる紛争で今この時も闘うパレスチナとイスラエルから、音楽家を夢見る若者たちを集めてオーケストラが結成される──。 現実にはあり得ない物語に見えるが、実在の管弦楽団へのインスパイアから生まれたという驚きの映画が完成した。 若者たちの対立と葛藤、恋と友情を彩るのは、誰もが知るクラシックの名曲の数々。 和平コンサートが目前に迫った 21 日間の合宿で、激しく憎しみをぶつけ合う団員たち。ラストに待つ、誰も想像しなかった “魂の演奏”とは──! 世界中で観客賞に輝いた感動作が、ついに日本でも奇跡のハーモニーを奏でる。




中東問題は難しそう、歴史や政治が絡んでいるのは苦手…と思う方でも大丈夫。そのあたりは分かりやすく描かれており、学生さんでもすんなりストーリーに入っていけると思います。
とはいえ、鑑賞後は考え込んでしまいました。難しい。難し過ぎる。なぜ人は憎しみ合うのか、戦いを止めないのか。真の平和とは?自分にできることはあるのか?
まずはこの映画を観ることが第一歩になるのかもしれません。

劇中で奏でられる音楽の美しさ、少しずつ距離を縮める若者たち、それゆえずっしり心に響きます。
また、このオーケストラにはモデルがあるというから驚きです。巨匠指揮者ダニエル・バレンボイムと米文学者エドワード・サイードが中東の障壁を打ち破ろうと1999年に設立した和平オーケストラ「ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団」です。このオーケストラからインスパイアされて、映画が生まれたとのこと。
忘れられない映画になりました。公開されたら大きな話題を呼ぶこと間違いなしです。


2022年1月28日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル池袋ほか全国公開

公式サイト
https://movies.shochiku.co.jp/crescendo/
Twitter
https://twitter.com/Crescendo_movie

劇場情報
https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=tDnhYacT

監督:ドロール・ザハヴィ

脚本:ヨハネス・ロッター、ドロール・ザハヴィ 出演:ペーター・シモニシェック(『ありがとう、トニ・エルドマン』) 
ダニエル・ドンスコイ (「ザ・クラウン」「女王ヴィクトリア 愛に生きる」)
サブリナ・アマーリ

2019年/ドイツ/英語・ドイツ語・ヘブライ語・アラビア語/112分/スコープ/カラー/5.1ch/原題:CRESCENDO #makemusicnotwar/日本語字幕:牧野琴子/字幕監修:細田和江
©CCC Filmkunst GmbH
配給:松竹




(C)2009-2022 Cheer Up! Project All rights reserved.